ナンパ師の月間平均ゲット数ってどんなもんなんだろう?

ヤギはというと、

この1年、月間1~3ゲットを繰り返してきた←ショボ

言い訳①:田舎過ぎて週末しか人がいない。その週末すら21時ですでに終電過ぎた犬ぐらいの人量

言い訳②:諸事情により週末しか出られない。これが辛い。はやく上京したい。

言い訳③:林檎の女性は遊びに対する嫌悪感が凄い。マッチングアプリが未だ悪。

こんな環境にしては頑張ってるよねって言い聞かせてきたけど。



なんと9月8ゲット!大幅に記録を更新できた!

やったーーーーーー\(^o^)/

(ネト2、オ〇パコ1で若干盛ってるし、内3即は凍狂遠征だけど)



6ゲットした辺りで、

二桁ゲットいけんじゃん?!って焦って数追いしてみたけど、

そんな甘くはなかった・・・(^o^)



月二桁ゲットで凄腕名乗ろう計画は頓挫したけど、

デビューした1年と2ヵ月前からすれば、

8ゲットだって大した結果だ。うん。

そしてこの結果をもたらしてくれたのは、

逆に『週末しかストに出れない環境だったから』

なんじゃないかって思ってる。



ストは楽しい。

出れるなら毎日出たい。

でも僕の性格上、

毎日出撃したら振り返りの時間を確保しようとしない。

楽しい実践だけをダラダラ繰り返す日々になっていたと思う。



実践だけが成長できる瞬間じゃない。

ある程度の知識を得たら、

ナンパもPDCA。

Dが少ない分、

有り余った時間をPCAに回し、1回のDに全力コミット。

僕の場合、この方法が合っていたようだ。



二桁ゲットが見えてきて、

最後の週末に向け、僕は多即宣言をした。(結果2日で1即のカッス)




Twitterでパブリックコミットすることで

より一層PCAへのモチベが生まれた。



これまで漠然と口説いてたけど、

1日で多即狙うタイムマネジメントをするために、

事前にトークステップを再構築したり、

トーク刺しするために必要なことを再考した。



有効なトークを増やすだけでなく、

不要なトークを削ることも重要だと気付いた。

全てを語るより、語らず想像させる。



エピソードトークをする時は、

そのエピソードに沿って自分の考えを伝える。

ただ「こういう出来事がありました」だけじゃ退屈される。

そのエピソードを経て、何を思ったか伝えることで、

自分を理解してもらいながら、感情を共有する。

感情の共有→相手を意図した感情に傾ける。

着地点はもちろん抱かれてもいいって思わせること。

感情の共有を繋いでいくことでセクを受け入れる感情に持っていく。

これを意識することでどんなトークステップを踏めばいいのか、

段々と見えてきた。



このPCAがなきゃリス子をDoできなかった。



アラツーと若く、わがままでお喋り、

男を振り回すタイプの女性はこれまで苦手だったが、

上のようなエピソードトークから、

上手く自分のペースに引き込めた。

事前に準備したことが活きると嬉しい。

即れる層がどんどん増えて、

どんどん楽しくなってくる。



ぜんぜん意識してなくて、

たまたま訪れた二桁ゲットチャンスだったけど、

今度は意識して二桁に挑戦しようと思う。

IMG_1631